忘れていたでは済まされない車検

車検の必要性や重要性を考える

日本の車検制度は新車なら初回は三年目、その他は二年ごとに受けるようになっています。決して安くはない費用ですから、中には面倒に感じる人もいるかもしれませんが、自動車を所有する限り車検を受けるのは当然の義務です。なのでいくら面倒でも必ず車検を受けるようにしましょう。
もし車検を受けなければ、公道を走ることができなくなります。仮に車検切れで公道を走れば、六か月以下の懲役もしくは三十万円以下の罰金が科せられますから、忘れていたでは済まされません。
ただこうした罰則があるから、車検を受けなければならないというわけではありません。罰則以前にそもそも車検にはしっかりメンテナンスをして、事故を未然に防ぐ役目があるのです。たった一度の事故がその後の人生を台無しにしてしまうことだってありますし、他人の人生を左右することもあります。なので事故が起こってから後悔しても遅いのです。
ドライバーにとって一番大切なことは何か、それは安全です。安全第一と口で言うのは簡単ですが、運転に慣れれば慣れるほどこの言葉を忘れがちですし、運転に慣れた心の隙をついて起こるのが事故でもあります。
そう考えれば車検の必要性、重要性を少しは感じ取ることができるのではないでしょうか。

車検の予約はいつからできる?

自家用車を所有している方は、二年に一度の車検がありますよね。この車検は運転手の安全を守るとともに、車の故障や事故を防ぐ大切なものです。
ではいつ頃、予約すれば良いのでしょうか。まず車検自体は有効期限の一か月前から受けることが可能です。したがって一か月前から期限までならどのタイミングで受けても良いわけです。ですがぎりぎりに予約をすると業者の混み具合によっては期限内に車検を受けられないこともありますし、仮に予約は何とか間に合ったとしても大慌てで必要書類を準備しなくてはなりません。
ですからなるべく余裕を持って予約をするようにしましょう。そうすれば必要書類やその他の準備も手際良く行えるというものです。ついでに必要書類ですが車検証と納税証明書 、自賠責保険証の合計三つとなりますので覚えておいてくださいね。
次に車検の予約についてですが、最近ではネット予約をする方も増えています。ネット予約のメリットは費用の安さと手軽さで、車種によって若干違いはあるものの検査費用だけなら一万円台からとなっていて、これに重量税や自賠責保険料をプラスしたものが車検にかかる費用となります。
そんなわけで安全を守るための車検は、忘れずに受けましょう。