ディーラー車検は割高だがアフターケアも手厚い

運転者を守るためでも必要な車検

車に乗る人が絶対に欠かしてはいけない点検が車検です。車には種類によって法定の整備が決められており、これが車検になります。一般的な乗用車であれば2年に1度、新車であれば購入してから3年目に1度目の車検を受けなければいけません。この車検では様々な検査が行われ、車の整備面に悪いところがないかどうかをチェックしてもらうことができます。悪いところがあれば安全のために修理をする必要があり、修理に合格をすると安全であるということを示す車検証が交付されます。この車検証持っているのか持っていないのかはとてつもなく大きな問題になります。
この自動車の車検証は車の安全を守っているだけでなく、運転者を守るものにもなります。例えば自動車を運転していて事故起こしてしまった場合、車検に合格をしていないと合格していない車に乗ったことによって事故起こしたとみなされ運転者は罰せられることになります。事故の過失割合も非常に重たくなるので、絶対に車検に合格した車に乗っておく必要があります。車検に合格をしていないと、事故起こした時に支払ってもらうことができる保険も対象外になってしまうことが多いです。いろんなところで運転者を守ってくれるので車検は必ず通した車に乗りましょう。

車検の受ける場所の選び方のポイント

車を運転する人の義務として、車検を受けることは大切です。新車は3年、それ以降は2年に1回の車検を行うことを義務づけられていますが、車検は車を安全に運転するために必要不可欠です。車検証を見れば、車検の有効期限を確実に確認することができるため、それまでに更新する必要があります。基本的には1ヶ月前に受けることを推奨していますが、早めに予約しておくことで、割引制度を設けている所もあるため、そのようなサービスを確認して、活用するとお得です。
また、車検の費用は受ける場所によって異なってきます。ディーラーで車検を受ける際は、車の専門家が高い技術で対応してくれるため、整備料金や手数料が比較的割高です。ただ、整備に保証がついているため、万が一の時に対応することができ、その点では安心です。
車検専門店で行う際のメリットとして、車検を手早く済ませることができるという点が挙げられます。必要最低限の内容となりますが、比較的安価に済ませることができます。他、ユーザー車検という選択肢もあり、これは所有者が自分で検査場に持ち込む車検です。法定費用のみでいいため、一番安価に済ませることができ、車の知識がある人には適した方法です。車は便利なものであるため、安全に利用するために車検もしっかりと行いましょう。